静岡県お茶のお土産!「グリンピア牧之原」

   

 

こんにちは(*’ω’*)

 

今日は、牧之原市お土産を探しに「グリンピア牧之原」に行ってきました!

 

 

目次

 

グリンピア牧之原とは?

グリンピア牧之原とは、静岡県牧之原市西萩間の高台にあるお茶工場とお土産屋を融合させた観光施設ですグリンピア牧之原では、お茶体験や工場見学、お食事、お土産の買い物を楽しむことができます。

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319202952j:image

 

こう見ると、よくある普通のお茶工場にしか見えませんが、隣の売店は建物が綺麗で広く、サービスエリアのようにお土産を楽しむことができる一角となっています。

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319203010j:image

 

お茶摘み体験は、時期があるようで4月の下旬から10月の上旬くらいで体験することができるようです。お値段は大人820円、小学生720円(個人)です。(団体料金では20名以上で、それぞれ100円引きになります。)工場見学は自由に無料でできるそうです。(稼働日は日によるかもしれません。)

 

お土産屋などの営業時間は、午前10時~午後5時。お隣にある味処丸尾原の営業時間は、昼11時~14時半、ティータイム14時半~17時、夜18時~21時。お茶の天ぷら、桜えびの天ぷら、お茶そばなどの牧之原の郷土料理を楽しむことができるようです。(今回はお昼ご飯の後だったので、次回行ってみようと思います!)

 

 

グリンピア牧之原で購入できるお土産品

 

 グリンピア牧之原では、お茶を主とした様々な種類のお土産を購入することができます。

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319204612j:image

 

こちらは、お茶コーナーです。牧之原市のお茶だけでなく、他の市、または外国、インド、パキスタンなど様々な種類のお茶を販売してます。

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319204738j:image

 

急須コーナーもあります。2000円くらいから、1万円以上のものまで。海外からのお客さんにとっては、とても惹きつけられるコーナーだと思います。という私も急須コーナーは見てて、とても楽しかったです。視覚的に日本を感じることができるコーナーという感じです。

 

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319204950j:image

 お茶を使ったお菓子のお土産コーナーもあります。お茶のチョコクランチから、お茶の羊羹まで、洋風から和風のお菓子が置いてあります。見た感じ、洋風のほうが多いように思えます。

 

ちなみに今回私が購入したのはこちら

 

 f:id:yukasuzuki0217:20170319210013j:image

 

お茶の炭酸パックブレンドティー(ミント)。

 

お茶をつかった化粧品コーナーもあれば、他国のジャスミンやミント、ローズなどの他の原材料と緑茶をブレンドしたお茶コーナーもあります。(ミントティーは、ブルガリアの原材料とブレンドしてます)

 

感想は後日書かせていただきます!楽しみです。

 

 

地元民が驚くグリンピア牧之原の工夫

 まず、私が驚いたことは、グリンピア牧之原の中に抹茶アイスクリームで有名なななやが含まれていることです。ななやは、藤枝市にあるお土産で、抹茶のアイスクリームの濃さを1段階から7段階で選べることから、TwitterなどのSNSでも有名になりました。(写真撮り忘れたのでななや アイスで検索してみてください)

 

ななやは、静岡県民にも人気なので、土日などの休日はかなり混雑します。私も以前抹茶のアイスクリームを食べるのに1時間ほどかかったのを覚えています。

 

しかし!!グリンピア牧之原では、ななやがあることが知られてないお陰か、並ばずにスムーズに買うことができます!穴場!ってやつですね。ななやのアイスクリームを食べる目的だけでも行く価値は十分にあるのだと思います。

 

そして、もう一つ、驚いたのはお土産施設をでて正面の駐車場横に、ビニールハウスに囲われたお食事処、のんびりスペースがあるところです。

f:id:yukasuzuki0217:20170319203845j:image

 

田舎ならではの楽しみ方ですよね。ビニールハウス内には、お茶も植えてありスプリンクラーも回っています。お茶を視覚で楽しみながら、まったりすることができるスペースです。

 

f:id:yukasuzuki0217:20170319204038j:image

 

販売スペースのようなものもあるのですが、実際に購入できるかは不明です。今回は日曜日に行ったのですが、販売スペースには人がいませんでした。

 

お土産施設内で、おやつを買って持っていくほうが確実だと思います。

 

 

グリンピア牧之原の利点まとめ

 10年以上ぶり(当時9歳くらい)に行ったグリンピア牧之原ですが、大人になり訪れてみると、いろいろな工夫がみられてとても楽しかったです。わかりやすく、今回行ってみたグリンピア牧之原の利点をまとめてみると

 

お土産の種類が豊富

お茶摘みや工場見学などの体験を楽しむことができる

お食事処や田舎ならではの飲食・談話スペースがある

 

という感じだなと思います。体験→お土産→お食事→談話と一つの場所で、いろいろなことを楽しむことができるのが、グリンピア牧之原の魅力なのだと思います。

 

 

 

最後に個人的な感想ですが、地元民として、とても驚いたのが、女子大生やカップル、親子連れ、八王子や近鉄バスの団体など様々な層のお客さんがいたことです。地元にいると、こういう観光施設は正直対したことないだろう(自分の地元や市に自信がないことにより)と思って訪れなくなるのですが、いざ行ってみると、いろいろな工夫がされていて本当に勉強にもなりますし、いろいろな楽しみ方ができるのだと思いました。行ってみないとわからないこともたくさんあるのだなあとしみじみ思います。

 

 

 

 

 

 

 - 牧之原