朝を使えば得をする!朝活の重要性を示す2つの本

   

お久しぶりです。こんにちは。

 

ブログもインスタもさぼりすぎてたら、なんだか辛く感じるようになってしまったので朝活始めました。朝4時半起きです。

 

  目次

 

朝活とは?

 

朝活とは、もう単純に朝早く起きて作業をしよう!ということです。何だそれだけのことか、、なんですけど。実際、この早起きが難しくないですか?仕事もあるし、寝て体力を温存しないと、、、とも言いたくなるかもしれません。

 

しかし、それは朝の重要性に気が付いていないのだと思います。朝の時間というのは、精神面はもちろん、仕事の面でも効率的な時間を作り出してくれる貴重な時間なのです。

 

ちなみに私の朝活は、ラジオ体操→お仏壇でお参り→朝シャワー→机回りの掃除→外の空気を吸う→朝食→本を読むです。

 

朝の重要性を示してくれる2つの本

 

何といっても、朝の時間の重要性を知ることが大切です。朝の時間って何で重要なの?ってことに気が付かないと、やっぱり朝早起きなんてしたくないですしね。(4月にも関わらず寒いですし。)

 

まず、仕事中の集中力をあげて効率化をしたい方には、メンタリストDaiGoさんの『超集中力』 がおススメです。

 

 

そして、毎日せかせかして心が疲れている気がする方には、桝野俊明さんの『幸運は、必ず朝に訪れる』がオススメです。

 

 

メンタリストDaiGOさん『超集中力』から学ぶ朝活

 『超集中力』からは、朝が一番集中力が高く、時間がたち夜に向かうにつれて誰でも徐々に集中力が落ちるていくことがわかります。残業が無駄なこともわかりますね。誰でも集中力は落ちていくのですから。

 

さらに、朝2時間の重要性も示しています。

脳科学の研究によると、脳は、朝起きてから2時間の間に最もクリエイティブな力を発揮することがわかっています。

   (メンタリストDaiGo 超集中力)

 

朝早い時間では、会社や家で人から集中力を奪われることなく、自分の時間が作れます。それと同時に、その時間が1番集中している時間なのですから、使わないともったいないですよね。

 

仕事上で重要なことをしてもいいし、何か新しいことを学ぶのにも適しているそうです。

 

桝野俊明さん『幸運は、必ず朝に訪れる』から学ぶ朝活 

俊明さんは、お寺の住職さんなので毎日4時半に起きるそうです。(俊明さんを真似て私も4時半起きにしました。)この本では、住職さんならではの禅語を用いて朝活の重要性を示しています。

 

   「趙州洗鉢」

修行の眼目はなにも難しいことではなく、ただ、そのときにやるべきをやっていくことにあるのだ、ということをこの公案は語っているのです。

  (桝野俊明 幸運は、必ず朝に訪れる)

 

朝の時間にやること、掃除・炊事・食器の洗い物など、そのときやることをこなすことで、実行している達成感につながり、それが1日の自信になるのでは、と。

 

そして、朝の日を浴びて、自然・季節の変化を感じることの大切さについても書かれています。朝日を浴びるというのは、セロトニンが分泌され、眠気覚ましにも心の健康にも良いというのもよく聞く話ですね。

 

朝、季節の変化、自然を感じることは、昨日の悩みを吹き飛ばすくらいスッキリします。気分爽快です。実践済みです。

 

朝活はメンタル・仕事効率化の両方に効果あり!

仕事面とメンタル面、2つのカテゴリーにわけて紹介してしまいましたが、どちらの本も仕事面、メンタル面 の両方を改善してくれます。

 

当たり前のことと言えば当たり前なんですけど、仕事の効率化が図れれば、家に早く帰って自分の時間が作れる&仕事の成功が自分の気持ちを高揚させてくれます。反対に、メンタルを整えれば、心に余裕が生まれ仕事にも余裕ができますよね

 

そして、どちらの本にも書かれているのは、1日のやることを朝に整えておくことです。一番集中している時間の朝に、やることを決めておくことは、仕事面精神面両方に余裕をもたらしてくれるのだと思います。

 

 

 - 未分類