美しい人はインスタグラムの中でも美しい

   

 

カンボジアにいた2月頃。

 

すごく好きになったフランス人のカップルがいた。

 

私は、欧米系の人に対するコンプレックスがある。

特に、肌が白い人に対して、どこか

自分がバカにされているように思ってしまうのだ。

 

当時カンボジア人のカップルが経営している屋台Barが

本当に気に入っていた。

 

シェムリアップアンコールワットで有名なだけあって

本当に多くの国の人がシェムリアップを訪れる。

 

それだけ、避けたい人たちを避けることはできない。

 

週3もその場に座っていれば、どこの人たちとも

出会うものだ。

 

私が一人そこで飲んでいると、何人かの人が徐々に集まってくる。

 

そこにあらわれたフランス人カップルにはもちろん

びびっていた。

 

屋台のBarは決して広い席と席の間が狭い。

 

一席分、席があったとしてもどこか圧迫感を感じる。

 

しかし、そのフランス人カップルは優しかった。

 

彼女のほうが話しかけてくれたのが、

ただ話かけてくれただけではなく聞き上手なのだ。

 

私は英語がそんなに得意なほうではないので、

苦手なのでゆっくりしゃべってもいいか?

と聞けば、ゆっくり頷いて、人を焦らさないようにと

話を聞いてくれる。

 

彼氏のほうは勝手に完全に苦手なタイプかと思っていたが、

若干つかめないところはあったが、ノリがよく、優しく面白かった。

 

何より、落ち着き優しい彼女が好きになるのだから

苦手なタイプと思えども、いい人なのだろうと思った。

 

欧米人の風習なのかもしれないが、彼女は私にシェムリアップで何を

やっているのか?と尋ねた来た。

 

たいそれた事もしてなく、大した事を喋れたわけではないが、

彼女は、うんうんと頷き、

 

応援したいから、インスタを教えて!と言ってきた。

 

そのノリには少し驚いたが、本当にうれしかった。

 

長い話はできなかったけど、少しの時間に自分が信頼できる

欧米人がはじめてできた気がした。

 

それからというもの4ヶ月がたち、インスタを開くと

久々に彼女の顔が見れた。

 

髪を切ったらしくbefore after 写真が載っていた。

 

あのときは、髪をまとめていたから髪の長さに気が付かなかったのだが

相当長かったらしい。

 

30cmほど髪を切った姿が見れた。

 

三つ編みに切った髪はDonation用らしい。

 

その強い志も、ショートになった姿も美しく

やっぱあの時出会った彼女は今も美しく、素敵だなあと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 絵本