秋風が流れるように

      2017/10/20

f:id:yukasuzuki0217:20170828065433p:plain

秋風がふく。

まだまだ暑い日が続き

到底長袖など着る余裕などない。

昼に外へと出れば、じりじりとした日差しが肌を焼く。

汗も変わらずだらだらと流れ、

できるだけ外にでないようにと室内に籠る。

が、最近ときどき秋を感じる。

朝の寝起きの悪さださったり

夕暮れの寂しさだったり

落ち着いたように吹く風だったり

流れるものが流れて

また一つの節目の時期がきたかと思う。

秋の過ごしやすさというのは

寂しさを感じつつも

落ち着いた心情になれたりもする。

そして一つ、自分の中でのわだかまりが解けた。

大きなものではあったが

ふと自分のなかに秋風が流れるように

自然と心の中の滞りがなくなった。

やっと大きな壁を越えることができたと

安堵し

また新しい気持ちでいろいろなことを

始めることができると嬉しさを感じる。

そして、また少しだけ遠くに流れたものに

寂しさを感じたりもする。

f:id:yukasuzuki0217:20170828065455p:plain

 - 未分類, 絵本 , , ,