ぬいぐるみ物語「ぼくの兄弟」

      2017/10/20

f:id:yukasuzuki0217:20170917080458j:plain

ぼくには4匹のこぶたの兄弟がいる

上から、ムー、ショコラ、ミント、ねね

ムーとは幼いときからずっと一緒にいる

一番仲良し、というか一番お互いのことを知っている兄弟

ぼくはみくちゃんの世話係なんだけど

もう嫌だって思うときがたくさんある

f:id:yukasuzuki0217:20170920201406p:plain

そんなときムーに相談して話を聞いてもらうんだ

f:id:yukasuzuki0217:20170920201221p:plain

f:id:yukasuzuki0217:20170920201450p:plain

ぼくはムーよりもお兄ちゃんなんだけど

ムーは落ち着いてるし、人の話を何も言わずに聞いてくれる

f:id:yukasuzuki0217:20170920201531p:plain

それにぼくは一番上のお兄ちゃんだから甘えれる場所がない

だから甘えたいときには、ムーのとこに遊びにいく

ぼくにとって一番頼りになる存在

3番目のショコラはうちで一番きれいな子

f:id:yukasuzuki0217:20170926072603p:plain

きれいな子というよりはモテる子

人に好かれるポイントがわかっていて、

何でも器用にこなせる子

f:id:yukasuzuki0217:20170926072631p:plain

ただ、5番目のねねが家にきたときからか、

少しだけ暗くというか、ひねくれを見せるようになった

f:id:yukasuzuki0217:20170926072650p:plain

本当はねねといっぱいおしゃべりしたかったらしいんだけど

それが素直にできなくて、突っぱるようになったらしい

f:id:yukasuzuki0217:20170926072721j:plain

でもそんな少しひねくれを見せるショコラも可愛いから

みんなショコラのことが大好きなんだ

4番目のミントは、一番純粋で可愛い子

f:id:yukasuzuki0217:20170926072750p:plain

見た目からして、清楚で大人しそうなんだけど

おしゃべりはたくさんする

f:id:yukasuzuki0217:20170926072811p:plain

喋るのも、聞くのも上手だから

みんなミントには自分の思っていることを全て吐き出せるんだ

あんまり甘えることをしないショコラでも

ミントにはミントミントって話しかけたりする

f:id:yukasuzuki0217:20170926072837p:plain

ねねもショコラにいじめられたときは

必ずミントのところに、泣きつく

f:id:yukasuzuki0217:20170926072855p:plain

当たり障りの良い子なんだけど

本当はとても強い子なんだなって思う

だっていつもみんなの話を笑顔で聞いていて

ミントが弱さを見せることはあまりないから

5番目のねねは、一番おばかな子。

アホなんだけど、憎めなくてみんなに愛されている。

f:id:yukasuzuki0217:20171001152328p:plain

ねねは顔が小さくて、目はつぶら

喋らなければ、可愛い子なのになあとぼくは思う

「兄ちゃん兄ちゃん!」

「兄ちゃん兄ちゃん!」

なーにって振り向いてみると

「すーぱまん!!!」っていう

f:id:yukasuzuki0217:20171001152532p:plain

そして、ねねはよく迷子になる

どっかに行ったなあと思ってちょっと目を離すと

遠くのほうで迷子になる

「兄ちゃん」「兄ちゃん」って泣いてる声がして

迎えにいくんだけど

f:id:yukasuzuki0217:20171001152904p:plain

ぼくらが着くころにはだいたい

すやすやと眠っているんだ

f:id:yukasuzuki0217:20171001152936p:plain

そんなねねだけど、最近少し大きくなって

落ち着いて物事をしゃべるようになった

その成長にほっとしつつも

なんとなく寂しかったりもする

ぼくらはみんな同じようなこぶたで

同じような顔をしているんだけど

みんな全く違う個性を持っている

誰一人同じなんてありはしない

人はみんなぼくらを同じものとして見る

本当は違う

ぼくらは同じように見えて

みんな違う良さを持っているんだ

おわり

 - 絵本 , , ,