もし◯◯日後に死ぬとしたら、何をする?

   

 

こんにちは!ねねまるです。

 

るってぃさんの記事を見て、自分ならどの選択をするかふと考えた私です。

 

「明日死ぬとしたら何する?」と聞けば「会社に行く!」と口を揃えて答えるのがいまの日本

*この記事は2018年6月18日に起きた地震をきっかけに書かれています。下記記事は地震のことからは外れますことご了承いただけると幸いでございます。

 

みなさんなら、あと◯◯日で死ぬとして何をして生きますか?

 

もし40歳で死ぬとしたら何をする?

 

20代前半の私たちが80歳まで生きるとして、私たちの人生のターニングポイントは40歳。

 

もし、この40歳のタイミングで自分が死んでしまうとしたら、どんな人生を選びますか?40歳という年齢は20代前半にとって、未来の自分を想像できるギリギリの年齢かと思います。

 

「明日死ぬとしたら…」という思考ができないのなら「40歳で死ぬ」にしてみたらどうだろうか。

 

 

私なら…

20代は仕事に夢中になります。今までに経験したことのない世界で、新しい知識や価値観を身につけて、たくさんの知らないスキルを身につけることを選びます。(それは海外かもしれないし、日本かもしれない。)

 

30代になったら、20代に得たスキルを使って、街を造る・コミュニティを造る・人が交流し合うプラットフォームをつくることをします。

もしかしたら、それが新しい家族をつくることなのかもしれません。今まで自分が、新しい価値を学び・新しいスキルを得てたことから、今度は誰かに教えていくことに変わるのだと思います。

 

妄想です。

 

もし5年後に死ぬとしたら何をする?

 

私は今現在24歳後半なので、5年後は29歳です。まだまだ若い…

 

24〜26歳は今やりたいと思ってることをやります。海外を旅して、旅して得たことをブログの記事に残したり、noteで詩や小説を書いたり。

 

26〜29歳が少し難しい。24〜26歳でやったことをやり続けるかもしれないし、40歳で死ぬとしたらで考えた30代ですることを実行しているかもしれない。短い間でも結婚するという選択をするかもしれない。

 

3〜5年後は、そのときやりたいと思ったことをやっているんだろうなあなんて考えたりしました。

 

もし1年後に死ぬとしたら何をする?

 

もし1年後に死ぬとしたら、私は海外と日本を旅することを選びます。世界一周ではなく、外国→日本→外国→日本→外国の繰り返しです。なので世界を飛び回るというよりは、5ヶ国 くらいなのかもしれません。訪れる国は、

 

・カンボジア

・モロッコ

・ドイツ(クリスマス)

・インド

・アメリカ(ニューオリンズ)

です。

 

たぶん、カンボジアには5回くらい行きます。

 

海外と日本を往復して、私は旅をしながら書きまくります。旅行本・自己啓発書・エッセイ・詩・絵。自分がこの世に残したいものを、多分本能的につくり続けているのだと思います。

 

もし明日死ぬとしたら何をする?

 

もし、明日死ぬとしたら。

 

私は、朝普通に起きて、自分の好きな勉強をして、いつもの時間に会社に行きます。

 

会社に行って、夕方になったらまたいつもの時間に帰ってきて、母親の夕飯を食べながらビールを飲んで寝る。1日の時間を無理やり使うのではなく、いつも通りの、のほほんとした1日を送ることを選ぶのだと思います。

 

社畜だから会社に行くのではなく、自分が好きな場所だからこそ会いに行く。

いつもと変わらない日常を選ぶことも私は悪くないなあと思います。

 

おわりに

 

あと◯◯日の◯◯が変わるだけでも、選ぶ選択って変わってくるなあと感じました。

 

明日死ぬとしたらを、1年後に死ぬとしたらで実行するのも嫌ですし、1年後死ぬとしたらを、明日死ぬとしたらで実行してしまうのも嫌ですよね。

 

未来を見据えながらも、現在も後悔しない選択をする。

 

それができるのもやっぱり「もしかしたら本当に〇〇後に死ぬかもしれない」と考えてみることなのだと思います。

 

*自分がやりたいことを見つけたい人は、私は明日よりも1年後を考えてみるほうが、いいのではないかと思います。

 

 

 - 自由に生きる ,