【変わりたいのに変われないを防ぐ】小さく変わろう

   

変わりたい!と思ったとき、つい大きく変わろうしてしませんか?

変わりたいのに変われない…と悩んでいるとき、もしかしたら大きく変わろうとしてることに原因があるのかもしれません。

 

変わりたいのに変われないと感じたら、小さく変化するを意識してみよう!

 

私がオススメする「変わりたいのに変われないを防ぐ」方法は、小さく変わろうとすることです。

では、小さく変わろうとするとは、具体的にどんなことでしょうか。

  • 朝、笑顔で挨拶をする
  • 口に手を当てて笑ってみる
  • 辛い・苦しいと感じたとき、一回明るく話してみる

小さく変わるとは、自分が今日一つでもできることをすることです。

何個も何個も目標を立てて、無理に変わろうとしなくても大丈夫。変わりたいと思った理想へ一歩だけ、変わろうとすることが大切です。

 

変わりたいのに変われない…大きく変わろうとするデメリット

 

実は、大きく変わることには、変わりたいのに変われないを永遠に続けてしまうというデメリットがあります。

例えばあなたが、可愛くていつでも笑顔が素敵な石原さとみさんみたいになりたい!と思い、変わろうと決意したとします。すると…

可愛くていつでも笑顔な石原さとみさんみたいになる!

 

→可愛くもないし、笑顔でもいれないし、マイナスなことばかり考えてしまう

 

→私は変わることができない人間なんだ…

 

自分の理想と現実のギャップに落ち込んで、変わりたいのに変われないを繰り返してしまうことになるんです。せっかく、変わろう!と明るい気持ちになれたのに、「何で私は変われないんだ…」と落ち込んでしまうこと、すごく辛いですよね。

 

変われないから変われるに!小さく変わろうとするメリット

 

では、大きく変わろうとせずに、小さく変わることにはどんなメリットがあるでしょうか?

例えば、毎朝笑顔で会社の人に挨拶しよう!を目標にしたとします。

毎朝、笑顔で会社の人と挨拶しよう

 

→ 簡単にできることだから、達成がしやすい

 

→ 少しだけど変われた自分を感じることができると、1日が少し明るくなる

 

→ 明日はもう少し変わってみようと思える

 

小さく変わろうとすれば、達成感を感じやすくなりますし、少しだけ変わった自分を感じることができます。「少しでも変わることができた!」この感覚がすごく大切なんです。

また、変化に気がつきやすいというメリットもあります。

今日はなんだか気分が落ち込みやすい

 

→そう言えば、朝から余裕がなくて挨拶できてなかったな

 

→明日は、笑顔で挨拶できるよう気をつけよう

変化に気付きやすいことは、自分の現在の状況を把握できることにも繋がりますし、反省点を見つけ出すこともできます。

小さく変わろうとすることは、今日がダメでも明日変わることができるんです。

 

変われないを防ぐコツ!意外と大切な生活習慣を変えること

 

小さく変わるにはのコツとして、「生活習慣を変えてみる」が実は効果的なんです。

  • ラジオ体操をする
  • 靴を整頓する
  • デスク周りを綺麗にする

生活習慣を変えみると、目に見える形で昨日の自分から変化できたことを実感することができます。

いきなり、明るく生きようとしなくても大丈夫なんです。生活習慣の改善は、日頃の充実感に変わることもできます。変わりたいなと思ったとき、生活習慣を変えることを意識してみてください。

 

変わりたいのに、変われないと思ったら

 

大きく変わろうとしなくても、小さく変わることで、あなたはゆっくりと変化することができます。焦らず、のんびりと変わって行きましょう。少しずつ変化をしていくことで、あなたは理想の自分に近づいていくことができるのです。

 

 

 - 自分を好きになる ,